めいっぱいの人と余裕の人の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人は、なぜか?一生懸命が好き。

私はよく言われました。

『お前は一生懸命さが足りない。』 と。

 

 

そういった時よく思ったのです。

『バカヤロウ!! そんな姿は人に見せるものではないのだよ。』 と。

だから、一生懸命やるのが嫌い。

一生懸命やっているように、はたから見える人が嫌い。

そしてめいっぱいの人が嫌い。

結果を出せない人が嫌い。

です。

 

 

ただ、必死というのは嫌いじゃないんですね。

この、へんなこだわりは、なんなのだろう。 ふ・し・ぎ!

一生懸命やったら、たいていのことはできるようになるはずだけど、

一生懸命を口にする人は、なかなかできるようにならない。

そんな光景をどれだけ見てきたでしょう。

 

 

私は、一生懸命じゃないけれど。

常に容量を増やす努力はしていたのです。

傍から見たら、お前の容量だったらもっとできる。

だから、もっと、一生懸命やって当たり前だろう。

そんな論理を押し付けられ続けました。

 

 

冗談じゃないですよ、一生懸命やっているように見せてばっかり。

他人の目ばっかり気にしてるから、肝心の容量が上がっていかないんです。

だから、もっと短期間でできることに、無駄な時間がかかるんです。

傍から見たら、余裕に見える。

見えるかもしれないけれど、こんなに体力と気力を使うことはないのです。

だから常に、容量が上がっていくのです。

 

 

今めいっぱいの人、必ず息切れします。

先が見えてないから。

物事を教わるとき、目指してない人に教わると悲劇です。

最終型が見えてないから。

初歩が大事だと思い込んでるから。

 

 

肝心なのは、基本。

決して、初歩ではないと思います。

またしても変なこだわり。

ただ、そこそこを目指している人と

そうでない人は、初めから違うのだよ。

 

 

間違った初歩を教えないで欲しいね。

あなたは、めいっぱいの人が好きですか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ドメインが安いですね!

検索順位チェックはコレ!

最近はココ!

今日は何の日?

2011年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る