日本語ドメイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本という国は不思議な国です。

義務教育で、しっかりと日本語と英語まで教えているのに

日本語が理解できない人が結構多い。

最近本当にびっくりしました。

 

 

法律でいくら規制しても犯罪がなくならないわけです。

ドメイン取得が犯罪になることは決してありません。

その運用方法が問題なのであって、

法律もそのように規定しているにもかかわらず、

ドメイン取得そのものがブラックだのグレーだの

そのように感じる方が、どうしてH1に商品名単体の

ワードを平気で入れられるのか理解に苦しみます。

 

 

H1に商品名を入れたから訴えられるんじゃありません。

ただ、サイトの内容が訴えれれるに十分であれば、

H1に商品名を入れたことによって広告主から訴えられる可能性は、

十分に考えられます。

 

 

ここがわからない方は、もし自分が訴えられたなら、

AMCを訴えるんでしょうかね?

言った言わないの戦いになたときに、

言質を取ったつもりでいる人ほど

焦点がぶれていたりするわけです。

 

 

また、危ないものには触れない姿勢でいくのは悪いことではないです。

ただ、人を犯罪者扱いするのはどうなんでしょうね。

だいたい私は、個人的に商標単体の日本語ドメインなんて

たったひとつもとっていませんがこれをとっている人は

大きなリスクをとっているわけですよね。

 

 

その商品の広告がいつまで続くかわからない。

その商品自体がいつなくなるかもわからない。

その商品が売れるかどうかもわからない。

 

 

こんなリスクをとっている人を犯罪者呼ばわりする人は、

いつか本当に犯罪者になりはしないかちょっと心配ですね。

大体が、もう日本語ドメインの旬は終わっていると思います。

サイトの中身に注力したほうがよいと思いますけどね。

 

 

本物の情報を求めようとしないで、AMCのノウハウを信じる人は続けるがいいさ。

そして、ぶっ飛ばされたら誰かのせいにすれば良い。

今までもきっとそうしてきたのだろうからね (+o+)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ドメインが安いですね!

検索順位チェックはコレ!

最近はココ!

今日は何の日?

2011年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る