本当のことは伝わりにくい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ、詐欺師がいなくならないのか?

それは、詐欺に騙されるのを待ってる人が多いからです。

 

 

簡単に稼げる!

これはやったほうがよい。

これはやめたほうが良い。

 

 

いったい何人の人が、こんな言葉に騙されてきたことでしょう?

 

 

本当のことほど、簡単には伝わらない。

ましてや、文字だけで良さを伝えることには限界があります。

 

 

嘘は、でかければでかいほど良いといいます。

M資金話というのが、戦後何度も出てきて、

そんなのにヒッカカル気がしれないというような人々が騙されてきたわけです。

ここまで、大掛かりな嘘はないだろう。

そんな仕掛けを作るわけですよね。

 

 

騙そうとする人は、多くの場合善人を装います。

または、善人を利用します。

始末に負えないのは、悪の片棒を担ぐ善人。

 

 

まぁ、自分で確認しようとしない人は、こういう判断をよくしますよね。

あの人は、嘘をつくような人ではない。

あの人は、良い人だ。あの人は良い医者だ。

こういったものを全部 『だから』 という言葉で無意識につないでしまうんです。

 

 

騙されたい人の多くは、変なところをイコールで簡単に結ぶ人。

 

 

嘘をつかない人でも悪い人はたくさんいます。

とても謙虚で面倒見が良いけれど、医者としてはどうにもならないヤブもいます。

 

 

話は、本題です。

ある少数の人の間で、リンクル使わないほうが良いかもね?

そういう話が出始めたのは、去年のお話です。

1年以上経って、メールが来ていました。

どうやら使わない方が良いらしいというようなメールです。

 

 

このメールが来て私が思ったのは、そろそろ使いどきが来たかもなということですね。

 

 

たとえ効果があることでも、誰もが使い始めた時点で

もうそんなものは使う価値がなくなるっていうことですね。

寝ぼけサイトをたくさん登録すれば飽きられるのは当たり前です。

 

 

寝ぼけサイトばかり紹介している中小検索エンジンが

寝ぼけサイトになることは、Google様でなくても

訪問者が簡単に判断できますからね。

 

 

何をもって寝ぼけサイトというのか?

それはグーグル様が教えてくれますよね。

 

 

 

私の答えは、いつも逆です。

 

 

みんながやるなと言ったら、やってみろ!

みんながやれと言ったら、やめておけ!

 

 

とこんなふうに書くと迷っている人はますます迷うでしょうね。

 

 

多くの人は、真面目な人が善意を持って書いたことや、言ったことを信じます。

そして、前後関係を無視したり、自分なりの解釈をしたりするのかもしれません。

 

 

声を大にして言いましょう。

 

 

リンクルは、使い方によっては今でも有効です。

しかし、使い方を極めた人は大変な努力をしています。

使い方を教えられないような人と

あなたは、真面目に話す気になりますか?

私は、話す気にはなれません。

 

 

ただ、そんな使い方をしても、ツールとしての役目は果たしません。

結局めんどくさいんです。

SEOツールとしての意味なんか1年以上前からほぼ無いです。

まぁ、偶然を広げるには良いのかもしれませんけどね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ドメインが安いですね!

検索順位チェックはコレ!

最近はココ!

今日は何の日?

2012年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る