宮崎駿と本田宗一郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮崎駿さんが引退を表明しましたね。
もう宮崎作品が観られなくなるのはとても残念に思います。

がしかし、この引退記者会見には、ある意図を感じてしまいます。
彼が引退することによって、もう宮崎作品は見られなくなる。
世界のファンは、一体次に誰に期待するでしょうか?

そうです。息子ですよね。
半人前の息子もあとを継ぎたがっている。
けれども、親から見ても足りな過ぎる。
その足りない息子を奮起させるためには、自分が身を引くことが必要不可欠。
そう考えてのわざわざの引退会見だと思わざるを得ません。

どうして私は、こんな穿った見方をするのでしょうね。

ひねくれものだからしょうがありません。

残念でならないのは、宮崎駿にして単なるバカ親であることです。
一人前になれない息子の原因が自分であることに気が付いたのならば、
尚の事、後を継がせる方向に持って行くべきではなかったと思います。

だいたい、自分で物事を考えられない男に
社会に向けたのメッセージなどあるわけないんです。
そんな息子が作る映画が面白いはずがありません。
何作かは、売れるでしょうけどね。

そこへいくと本田宗一郎は全く異次元です。
社員に向けて、自分の息子は本田技研には入社させないし、
あとは継がせない。そう宣言したのですから。

会社は、自分のものではないし、家族のものでもない。
社会のためにあるのだということです。

アフィリエイトを家族のためにやる人を否定しません。
でも、法人化が単なる税金逃れの為だけに行われているとしたら、
大変におかしなことだと思います。

子供にお金など残す必要なんかありません。
必要なのは、生きざまを残すことだと思います。

本田宗一郎という田舎のおっさんがバイクや自動車を作っていて
最終的に作りたかったのは飛行機だったそうです。
残された社員が実際に飛行機を作り出しました。

あなたは、社会に何を残す人なのでしょうか?
子供に財産を残せれば、それで満足ですか?

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ドメインが安いですね!

検索順位チェックはコレ!

最近はココ!

今日は何の日?

2013年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る